脱毛できない

脱毛できない場合もあるの?

気になるのが、脱毛をしたいけど脱毛を断られてしまう場合はあるの?ということです。
せっかく行ったのに断られてしまったらショックですもんね。ではこちらで、施術をお断りする場合を確認してみましょう!

 

日焼け

脱毛サロンで使用している脱毛機は基本的に黒いものに反応をするため、日焼けをしている場合は、肌全体に反応してしまい、やけどなどのトラブルの原因になってしまう可能性があります。
なので、日焼けをしている場合は断られてしまう場合があります。また、日焼けをすると肌が敏感になってしまうので、日焼けはなるべく避けるようにしましょう。

 

生理中

生理中は、身体のホルモンバランスが崩れやすい時期になっています。なので生理中に脱毛の処理をおこなうと、効果が見られなかったり、お肌にトラブルが出てしまう可能性かあります。
なので、予約を変更するなどして生理中の施術は避けるようにしましょう。

 

妊娠中

妊娠中に脱毛の処理をおこなっても、母体・胎児には影響はありません。しかし、妊娠中は体のホルモンバランスが乱れやすくなっているため、施術は出来ません。
さらに産後もしばらくの間は、ホルモンバランスが不安定のため、授乳を終えてからの施術が良いでしょう。
脱毛の契約中に妊娠をしてしまった場合は、一度休止など契約変更をお願いしましょう。

 

タトゥー

日焼けの場合と同様、一般的な脱毛機は黒いものに反応します。なので、タトゥーの黒い部分にも反応してしまいます。ですが、タトゥーの部分を除いた施術は可能になりますので、カウンセリングの時に相談をしてみましょう。