脱毛サロン 痛み

痛みはどれくらい?

脱毛と言えば、「痛い」というイメージですよね。かなり痛かったけどしょうがない…なんて声もよく聞きますし、脱毛は痛いものだという固定概念もありますよね。
実際によく聞くのは、「輪ゴムでバチッとはじかれた感じ」「ちょっと熱い」と言ったような声ですよね。光を当てて処理を行うので、熱を感じるのはよくあることだと思います。

 

ですが、今は技術がとても進歩しているんです!
脱毛器や脱毛に使用する光やレーザーが改良されたりしていて、脱毛処理中になるべく痛みを感じないような措置が取られてきています。
たとえば、熱によって痛みを生じやすいレーザー脱毛。施術場所に冷たいジェルを塗ったり、レーザーを照射するヘッドの部分から冷却用の冷たいミストが出てきたりと、施術場所を冷やすことで痛みを軽減させています。
光脱毛は、元から痛みの少ない脱毛方法として有名でしたが、施術場所によっては痛みが強い所もありました。ですが、機械自体を-5度まで下げたり、照射する光自体を冷たさを感じる光に改良したりと、痛みのない脱毛処理の為の改良が沢山なされています。

 

しかし、皮膚の薄い場所や敏感なVIOのような場所は、どうしても痛みを感じてしまうそうです。これは体のつくりからして仕方のないことかもしれませんね。
それでも、すごく痛かった!我慢できない!というような声は最近では聞かなくなりましたし、我慢できない痛みではないんですよね。機械の進歩や施術者の技術の向上により、痛みの少ない脱毛処理を行ってくれる脱毛サロンが増えています。
絶対に痛いということはやはりないそうですが、我慢できない痛みではないですし、綺麗になる為にはちょっとの我慢も必要かもしれませんよね。