レーザー脱毛

レーザー脱毛

レーザー脱毛は、美容皮膚科や美容整形外科などの医療機関で、医師のみが使用可能な医療用レーザー脱毛機器を使った脱毛方法です。

 

このレーザーは黒色や茶色に反応(吸収)されるもので、処理したいムダ毛の部分にのみ反応します。ですので、肌を傷付けることなく毛根に直接ダメージを与え、破壊することが出来ます。
レーザーで焼いて破壊するということなので、毛が太かったりすると熱さで痛みを伴う場合もあります。ですが、お医者さんがいますのでそういったケアなどはきちんと対応してくださいます。お医者さんがいると安心ですよね。

 

気になる効果ですが、ニードル脱毛とは違い永久脱毛とは言えません。半永久脱毛、と思ってくださった方がいいかもしれません。産毛が残ったり、1本だけ残ってしまったり、残っていた毛根から突然毛が生えてきたり…なんてこともあるそうです。ですが、残っている毛は薄くなっているので、カミソリで一本だけ切ってしまったりすれば気にならないそうです。実際にそうされている方もいらっしゃるようです。

 

ただ注意しなければならない点は、日焼けをしている場合はレーザー脱毛を行わない、という事ですね。
先ほども書きましたが、黒色や茶色に反応するレーザーです。つまり、こんがり健康的に焼けた小麦色の肌の場合、肌全部にレーザー反応してしまうのです。肌に直接レーザーのダメージが行ってしまうのです…。そうなるとやけどのような症状が出たり、実際にやけどをしてしまう場合があるんです。
後は、脱毛処理後は紫外線を処理部にあてないこと。処理をしてまだ間もない時はしみになりやすいのです。せっかく綺麗にしたのに汚く…なんてこと嫌ですよね?
でも気を付ける点はこれくらいかと思われます。

 

お医者さんもいて、安心安全な脱毛方法です。