脱毛 埋没毛

埋没毛とは?

埋没毛とは、毛が皮膚の下に入り込んで、そのまま伸びてしまっている状態のことをいいます。
結構これに悩まされている人多いですよ。私もひざ下が埋没毛だらけになってしまった経験があります…。

 

埋没毛になってしまう原因は、カミソリや毛抜き・ピンセットによる自己処理です。
カミソリなどでの処理時に、刃で皮膚が傷付き、かさぶたが出来たり炎症が起きてしまい、毛穴がふさがってしまい毛が表面に出て来れず中で伸びてしまう場合。
毛抜きやピンセットでの処理時に、毛根が抜けず中途半端に毛が切れてしまい、そこから外に出ずに中で伸び続けてしまう場合。

 

傍から見ると、鳥肌のようなブツブツができていて、そのブツブツが赤かったり黒かったりととても見た目が悪いです。場合によっては炎症を起こしてかゆくて仕方がなかったりします。
まっすぐに伸びている場合、肌の上をボールペンで薄く一本線を引いたようなものが浮かんできたりします。
これはショックですよね…。こんな肌見せられない!と処理はしているのに万年ズボンになってしまう方も沢山いるのではないでしょうか…?

 

では、埋没毛にならないためにはどうすればいいのでしょうか?早い話、カミソリや毛抜き・ピンセットでの自己処理をやめることです。カミソリなどで自己処理をすることで埋没毛はできてしまうのです。

 

埋没毛の処理で一番多いと思われるのは、消毒した針やピンセットで切り、そこから毛を引き抜いたり、タオルやあかすりで皮膚をこすって毛を出す等ありますが、お肌には全くよくありません!
脱毛サロンでフラッシュ脱毛やレーザー脱毛を用いて取り除くことが一番いいです。毛根を直接処置をするので、肌を傷めることなく埋没毛だけを処理することが出来ます。